害獣

アライグマの対策

農薬をまく

アライグマが畑を荒らす理由とは

アライグマは元々日本に住んでいた動物ではなく、外来種と呼ばれる外国から来た動物です。外来種であるアライグマがなぜ日本に存在しているかといいますと、昔流行した有名なアニメの影響があるといわれています。アニメで可愛いと思った人が、ペットとして飼い、育てられなくなったという理由で捨てられ、野生化してしまったのです。その結果、捨てられたアライグマが餌を求めて畑を荒らしたり、家に住み着いてしまう被害が起きてしまい、駆除されています。畑を荒らしてしまうだけでなく、アライグマを介して狂犬病などの感染症を招く恐れがあります。それ以外にも在来種である日本の生物の餌も食べてしまう為、在来種の数が減ってしまいます。もしアライグマの被害にあってしまった時は、駆除の業者に連絡しましょう。

被害にあってしまった時は

畑がアライグマの被害にあわないようにする一番の方法は、電気柵です。電気柵だと、お金の問題や感電などの不安がある方もいると思います。その場合はホームセンターなどで安価に買えるトタンを使用した、トタン囲いがお勧めです。家の屋根裏にアライグマが住み着いてしまった時は、侵入口を見つけましょう。屋根裏にいるのが確認できた場合、害虫防除剤を使用してアライグマが逃げた後、侵入口を防ぎます。猫や犬を外飼いしている家も、餌皿を餌が残ったまま放置しておくと、アライグマが食べてしまう恐れがありますので、外に餌皿を残さないようにしましょう。自分で駆除を行うのは、怪我をしてしまう危険もあり、怖い気持ちもあるでしょう。そんな時は駆除業者に電話してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加